新薬と呼ばれる薬とジェネリック医薬品

新薬と呼ばれる薬とジェネリック医薬品

新薬には特許があって、その特許が切れるまでは他の製薬会社が同じ薬を製造販売することの方ができない。そしてジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れてから他の製薬会社が製造販売する薬です。

ジェネリック医薬品についてはテレビCMなどでも紹介されているので、その存在を広く知られることとなってるのですけど、具体的にはどういうなものなのかよく分からないという人もおられるためはないか。その結果、同じ有効成分を利用し、同じ効果効能が期待出来る薬ながら、かなり低価格で提供させられるようになりましていますのです。

薬には新薬と呼びます薬とジェネリック医薬品が存在し、ジェネリックは同じ有効成分、同じような効果効能が期待できながらかなり低価格で提供されてるのが特徴です。すでに利用する有効成分や製法は理解していますので、新薬を開発するときにみようかな大金は必要なく、かなり安く製造することができます。

まず新薬を開発するときには商品化出来るまでかなり年月もかかりますし、膨大な開発費が必要となるのでしょう。