医薬品だとわかってしまう場合

医薬品だとわかってしまう場合

プライバシーの保護以外にも輸入代行業者は配送時に気を使ってることがあげられます。そうした心配にも考慮してくれるでしょう。

またあて名欄にも商品名の記載はありませんので、如何にいうな商品を購入したのかという事は徹底的に伏せられます。ただの袋に薬剤を入れただけでしたのでは、袋の膨らみ方や中身の音などで医薬品だとわかってしまう場合があるのです。

それで医薬品だとわかってないように、大きめの箱などに緩衝材を詰め込んで、見た目でも音でも中身が判断できませんような工夫を実践していますのです。そうして梱包する箱なども、お店の名前が書いていない無地のものを使い始めていますので、どのお店で買ったのかわかってしまうという心配もないです。

あて先を郵便局留めにしてもらうというサービスも行っているのです。しかし家族とあわせて暮らしてるという場合、中身の記載がないでしたんだとしましても勝手に開けられてしまうという心配もあるのでしょう。

つまり家族に先に見えてしまうという心配も解消出来るのです。